エッチが上手い男の定義とは?テクニックだけでは語れない秘密を暴露

エッチが上手い男の定義とは?テクニックだけでは語れない秘密を暴露

エッチが上手いという言葉を聞くと、どうしてもテクニック面に目が行ってしまい勝ちです。例えば、持続力がある、下半身が強い、大きさが大きい、ピストン運動が激しい・・・などなど、確かに細かいテクニックというのもエッチにおいて重要な要素なのですが、それ以上に重要なことがあります。

 

特に気をつけて欲しいのは、エッチ自慢です。自分はこれだけの女性経験がある、何秒でイカすことができる、俺のエッチはイイぜ、という具合に、自慢をしてしまうと、相手の女性は一瞬で冷めてしまいます。

 

ではエッチの上手い男とは一体どんな男なのでしょうか?それは、女性の反応を探って的確に対処する観察眼のある男です。女性は感情の生き物です。しかも性感覚は複雑であり、百人いれば百通りの感じ方が存在するのです。

 

ですので、ある女性とのエッチで女性を満足させることができたとしても、他の女性の場合は、同じ方法がまったく通用しないというケースも出てきます。

 

だからこそ冷静に相手の反応をみる洞察力を兼ねそろえていなければなりません。さらに言うと、余裕を持つということも重要で、この気遣いができれ女を惚れさせることは十分可能なのです。早くイカせなければならないというようにガッついていては逆効果です。

 

エッチの最中に女性がベッドにぶつかりそうになったら、大丈夫?とやさしく声をかけてあげる余裕があると、女性は、自分が大事にされているという安心感を感じ、男性に身をゆだねるようになります。またエッチは終わった後こそ重要です。

 

例え疲れてしまって今すぐ熟睡したいと思ったとしても、余韻で酔わせてあげるという余裕が大切です。だからこそ、しっかりと抱きしめ、頭を撫でる、毛布を一枚かけてあげるなどして女性を大事に扱わなければなりません。ここまでのケアができれば、女性を離れられなくすることだって決して不可能ではありません。エッチが上手い男の定義を今一度見直してみて下さい。